コミュニティ・スクール立花小学校へようこそ

立花小学校長室から

  • HOME »
  • 立花小学校長室から

立花小Web
学校長あいさつ 
   
      
  令和4年度に、立花小学校は創立150周年を迎えます。その節目の年に校長として立花小の学校経営を行うことができることを大変光栄に思います。新型コロナウイルス感染症の影響で、まだまだ従来行ってきた立花小の教育活動ができませんが、多くの方の知恵を結集して、できることを実施していきます。
 立花っ子にとって「ふるさと立花」は、常に大切な場所です。本年度も全学年で地域教材を学習の中に取り入れて、ふるさと意識を高めていきます。そして、11月12日(土)に行います創立150周年記念式典を表現の機会ととらえ、「ふるさと立花」を大切に思う心を伝え、つないでいきます。さらに本年度も「地域で学び、地域に学び、地域を学ぶ」教育活動を各学年に位置づけて「ふるさと教育」「生き方教育」をさらに推進していきます。
 また、立花小でずっと大切にしている3つの約束は続きます。
① 笑顔であいさつ!
 「あいさつするって、どうすること?どうしてするの?」
 始業式の中で子ども達に投げかけた言葉です。笑顔であいさつすることはすばらしいことです。でも「あいさつをしましょう。」と言われてするのは、笑顔を増やすには十分ではないかもしれません。1年間を通して、笑顔でのあいさつが当たり前になるようにしたいものです。あいさつを習慣化していきながら「笑顔であいさつ」の輪を、家庭を中心として、地域へと広げていきましょう。
② 一生懸命にがんばる!
 なんでもがんばる立花っ子。でも、自分の力で未来を切り開くには、さまざまなことを「乗り越える」必要があります。環境の変化を乗り越えて、今の自分を乗り越えて、新しい自分をつくっていきます。そこにはひとまわり成長した自分がいます。学習だけでなく、読書や運動、そして遊びにも一生懸命にがんばることで、「乗り越える」ことができると考えます。家庭でも、成功・失敗の結果にかかわらず、がんばった過程を認めて、ほめて、子どもたちを心身共にたくましく成長させていきましょう。
③ 命を守る!
 コロナ、熱中症、交通事故・・自分の命を守らなければならないことは身の周りに多くあります。自ら健康管理をしたり危険を察知し回避したりする能力を身につけ、自分で守る必要があります。また、「自分の命を守る」ことは「周りの人の命を守る」ことにもつながります。家庭でも、「命を守る」ことの大切さについて話してください。

新宮町立 立花小学校 第34代校長 安部 憲司(あべ けんじ)

 

 

立花小学校へのご連絡はこちらまで TEL 092-963-0030

PAGETOP
当ホームページ・コンテンツについての無断の転載・引用を禁じます。
Copyright © 2017tachibana elementary school All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.